穏やかな時間を

本日は、在宅でのリハビリに同行させて頂きました。

 

初期研修の自由選択期間が限られた私としてはとても貴重な体験でした。

 

コメディカルの方から、患者さんがこんなこと言ってました、とかこうしてほしいって言ってます、など間接的に患者さんの意見を聞くことが多々ありました。

 

言ってくれたらいいのにと毎回思うのですが、今回同行させて頂いて、処置しながら患者さん・ご家族とお話されて、お互い笑いあったりととても穏やかな空間で、患者さんが意見しやすいのがわかりました。

 

このようなスタッフの方がいて成り立っているという事を再認識しました。

 

帝京大学医学部附属病院

八木 慶太


単独診療

今日は午後から単独診療をさせて頂きました。

 

今まではどうしても上級医の先生がいるから大丈夫という安心があったので気楽にできましたが、安定している患者さんだと分かっていても、患者さん・ご家族上手く信頼関係を築けるか不安でした。

 

しかし、どのご家族・患者さんも優しく接してくださり大きな問題なく終了しました。

 

今まで研修で当たり前のように一人でやっていましたが、初めて当直をした時に感じた緊張を思い出しました。

 

帝京大学医学部附属病院

本田 卓


注意するべきこと

「元気無い時は厳しい話はしてはいけない、さらに元気をなくしてしまう。本人からリクエストがあった際に話をする。」という話を佐野先生からお伺いし、東京にもどったあとも注意していこうと思います。

 

帝京大学医学部附属病院

本田 卓


言葉の力

介護が大変だけれども患者さん本人の希望をかなえてあげたい、という気持ちを持っているご家族の人にどのような言葉をかけるべきなのか。と疑問に持つことがありました。

 

介護する周りの人たちが倒れると患者さんも困る。

信頼関係のしっかりと築けた医療従事者からの言葉が患者さん・ご家族の救いになるような経験をいくつも見させていただきました。

 

何を言うかではなく、誰が言うかが大事なことに改めて気づかされました。

 

帝京大学医学部附属病院

八木 慶太


大学にはないこと

ターミナルの患者さんの夢を叶えることはリスクは伴うが、それ以上に利益が伴うならば実行すべきであり、患者さんの死後に家族のグリーフケアをする上でも重要であることを学びました。

 

医療資源が少ない在宅だからこそ、食前に飲水することでむせ込みが減るなど、当たり前かもしれないですが大学では習わない知識の重要性を感じました。

 

帝京大学医学部附属病院

本田 卓


やりたいように

患者さんの趣味だったことや好きだったことをさっと家の中を観察したり、会話の中から見つけ出して、出来ることなら亡くなる前にやってあげようと試みる場面を多く見学してて感じます。

 

本人のやりたいようにという意向で病院ではなく訪問診療を選ばれている方が多いので、リスクや責任を敬遠するのではなく、希望に沿った生活を送れるように支援する体制は普段の大学病院ではあまり感じられないため非常に勉強になります。

 

帝京大学医学部附属病院

八木 慶太


恐怖

今日はNGチューブをいれさせていただいたんですが、普段病院ではレントゲンで評価するので安心して使用できるのですが、在宅ではそういったこともできず、吸引・気包音での確認での確認となり恐怖を感じました。

 

医療資源がないということはこういったことなのだということを身を持って体験しました。

 

 

帝京大学医学部附属病院

本田 卓


判断

ベースに何かしらの障害があって、同じ感染症を繰り返し罹患される患者さんに、いつも周りにいる家族の方が判断して抗生剤を自分で判断して内服させることがあります。

 

普段の状態を常に見ているわけだし、病院に行って診てもらって薬をもらうまでの手間・時間を考えると、いいように思えますが、耐性化の事を考えるとしっかり処方量を考えて医師が判断したほうが、と考えさせられます。

 

 

帝京大学医学部附属病院

八木 慶太


難しいケース

要介護度により受けれるサービスや介護保険支給限度額が変わってきます。

 

患者さんの状態が改善することはいいことですが、それに伴い要介護度はさがり、今まで受けれてたサービスが受けれなくなるという事になります。

 

患者さん本人やご家族の方からしてみれば、状態改善よりも環境の改悪の方が大きく感じるケースもあり、午前の診療ではそのような難しいケースに遭遇しました。

 

帝京大学医学部附属病院

八木 慶太


ライン

今日は新規在宅診療介入の方でした。

 

今までにみてきた患者さんと比べ元気な方でしたので、訪問診療の必要になるのか疑問に思い、今更ながら訪問診療の適応を勉強しました。

細かな基準はありますが、基本的に外来通院できない方とのことで、その判断は主治医に委ねるとのことでした。

 

今日の患者さんは歩行器をつかって普段生活しており、自宅の二階まで手すりがあれば上れるとのこと、認知機能はやや低下している印象はありますが、家族のつき沿いがあれば通院は可能な印象もありました。

 

今後新規患者さんがいたときは、どこがラインなのか注意して行きたいと思います。

 

帝京大学医学部附属病院

本田 卓


| 1/100PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM